エドガーケイシー学園エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎



夢からのメッセージ&夢に関するリーディング

夢からのメッセージ&夢に関するリーディング
奥沢通信 10号より




  ここのところ、何名かのお客様から自分の過去生を知る方法を教えてほしいというご質問がありました。そこで、ここでは、私がかつて夢で見た自分の過去生 (らしきもの)をご紹介したいと思います。私自身、いろいろな方法で自分の過去生の情報を得ているのですが、自分が一番納得がいき、また衝撃的であったも のは、実は自分が見た夢でした。私は全く普通の人間で、人よりすぐれたサイキック能力があるわけではありませんし、この夢を見たのは、こういった精神世界 と深く関わる前でした。ですから、夢に注意していれば、誰でも、過去生に関する情報を夢で教えてくれるのではないかと思います。
まず、その夢がど うして、他の夢と区別できるかでありますが、夢は通常、支離滅裂で、意味不明な場面が出てきたりします。でも私が見たその夢は実にリアルで、ストーリーが 時間を追って進んでいきました。そして目が覚めたときに非常に強く心に残りました。あまりに強烈であったため、十数年たった今でもはっきりとその場面を思 い出すことができます。

では、その夢をご紹介しましょう。

  夢の中の私は外国の女性でした。それも身体のがっちりしたかなり大柄な女性でした(今の私は非常に小柄です)。そして、時代は戦争中らしく足元を兵士が何 度も行き来していました。私は階段状のところに寝かされており、身動きがとれませんでした。私の廻りにも多くの人たちがいましたが、皆うめき声をあげてい ました。その人達に私は頑張って生きようと声をかけていたのですが、何日も過ぎていくうちにバタバタと亡くなって行きました。死体からはそのうち悪臭がた ち始め、体液が流れ出ました。そのうち私の身体も弱り、意識がもうろうとしてきました。そして自分の魂が身体から何度も抜け出しそうになりました。ついに 私の魂は身体からすっかり出てしまい元に戻ることが出来ませんでした。抜け出た私の魂は、死体となった自分の身体をしばらく見つめた後、上の方に昇ってい きました。
これが私が見た夢のストーリーです。

 実際、この夢が私の過去生の一端を甦らせたものであったかどうかは、私には検証できません。しかしあるものに対する理由もない嫌悪感への、一つの回答になったことは確かです。

  また、ここまでリアルでなくても、私たちは何度も過去生の夢を見ているかもしれません。夢の中で例えば、1)性別、体格、服装が普通と違う 2)言語や貨 幣が違う 3)姿は全く違うのに、あの人だとすぐ分かる知り合いに夢の中で出会う、というようなことがあれば、それは自分の過去生の夢である可能性があり ます。
 過去生らしき夢を見たからと言って、それが現在の自分の人生を理解するものにならなければ、それは単なる夢の一つにしかすぎません。で も、何か困難な状況にぶち当たり、それが解決不能であった場合に、その状況の意味を理解するために、原因を過去生に求めてみることは、とりあえず、自分を 納得させ、その問題に対して別の見方を提示してくれると思います。

  過去生の夢に限らず、夢に関心を抱き、夢を通して自分を高めたいと思い始めると、夢は次第に霊的な夢に移行し始めます。そして夢に出てくるシンボル(例: 夢に登場する物や現象)が自分にとって、どういう意味であるのか次第に分かってきます。但し、夢はかなり手厳しく、生の自分の姿を見せてきますので、見た くない自分の本質と直面しなければならなくなってくることもあります。しかし、夢はマンツーマンで根気よくメッセージを送ってきますから、ぜひ今晩から夢 に果敢にアプローチしてみて下さい。 ちなみに不思議体験が多い画家の横尾忠則さんは、人間は夜10時~夜中の2時まで、魂の領域にアクセスしていると 言っています。その時間に就寝していることも夢からのメッセージを引き出しやすくする方法かもしれません。



夢に関するリーディング

「第 六感をどのように用いたらいいか、それは1人1人の理想しだいである。聖書で指摘されているように、もしその人の理想が失われてしまうなら、霊的な影響力 と接触する能力も次第に失われるか、あるいは当人が自分の霊的な発達と親しい関係にあることを気づかせない障壁ができてしまう」

Q「ある人が夢を思い出せない場合、それはどういう状態もしくは傾向が示されている
  のでしょうか?」
A「身体的にも精神的にも霊的にも、連想による思い出が投げやりであるということ
  だ。全く取るに足らない人間であることを示しているのだ!」5754-3

「睡 眠は、霊魂が一休息期と次の休息期との間に、何を成したかを吟味する重要な時間である。霊の果実である調和や平和、歓び、愛、忍耐、根気、兄弟愛、親切に 向かっているか、それとも悪魔の所産である憎悪、残酷な言葉、不親切な考えや迫害に向かっているかを比較するのである。夢を見ている霊魂は、為してきたこ とを恐れ嫌うか、さもなければ、神の歓びに参加するのである」

参考文献:ザ・エドガー・ケイシー、精神革命(以上たま出版)

ページトップへ




メニュー
スペシャル