エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎 │ ケイシーの述べた健康食


エドガーケイシー学園エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎



ケイシーの述べた健康食

ケイシーの勧める食事



エドガー・ケイシーがリーディングで勧めた一般的な食事
(病気によっては、個別にもっと具体的なアドバイスを与えていることがあります)

参照:AREクリニック作成の基本的な食事表

私達が考えたこと、私達が食べたもの、それらが合わさって今の私達を作っている。
肉体的にも精神的にも。(リーディング288-3)


毎日の食事の約80%を構成すべきもの(アルカリ性食品)
◎果物(収穫されたあと熟した果物、生リンゴ、熟していないバナナなどは避ける)
◎飲物(1日8杯の水、ハーブティ、フレッシュジュース)
 特に、朝、起きたら、ぬるめのお水を1杯飲むことは勧められる。
◎地上で育つ野菜(色のある新鮮野菜類 ニンジンは地上の野菜として考える)  
◎地下で育つ野菜   

  ※地上で育つの野菜 3:地下で育つ野菜 1の割合



毎日の食事の約20%は下記で構成する(以下酸性食品)
◎魚肉類(魚、鶏肉、ラムがメイン・・・・豚肉は避ける)
◎乳製品(スキムミルク、ヨーグルト、バター、全乳、バターミルク)
◎パン(黒パン、全粒ライ麦パン、ライ麦クリスプなど)
◎穀類(粗挽き粉、全粒粉、玄米など)
◎蜂蜜、メープルシロップ、味噌汁、スープ類

週3回程度にしたようがいい食材&主食以外のもの
○チーズ、ナッツ・木の実類、卵、皮つきジャガイモ
 (ジャガイモ自体は勧められていないが、皮はOK)
○牛肉(食べてもいいか医師と相談すること)
○油脂類(冷圧搾製法のヒマワリ油、サフラワー油、ゴマ油、オリーブオイルなど)
○香辛料、ゼラチン及びゼリー

極力さけたほうがいい食材
●砂糖、砂糖が使われているシリアル、コーンフレーク類
●精白された食品(精白小麦、白いパン、白米など)
●揚げ物、炒めものなど高温になった油で調理されたもの
●豚肉(カリカリに焼いたベーコンは、たまにならOK)
●アルコール類(たまの赤ワインはOK)
●精白小麦でできた麺類(マカロニ、スパゲッティ、うどん、ラーメンなど)
●お菓子、ケーキ、ペストリー、加工、インスタント食品、炭酸飲料、コンビニ弁当、冷凍弁当など

★アトピー性皮膚炎、乾癬、湿疹などのスキントラブルのある人は、別の食事の指示があります。

毎日の食事例

朝食・・・穀物食、かんきつ類をどちらか食べる(ただし、同じ食事では決して食べない)
例)全粒パンのトースト、調理した卵
例)かんきつ類のジュース、かんきつ類

昼食・・・基本的には生野菜がメインになる
例)色のある地上の生野菜や野菜で調理したスープ類&少量のバターつきパン

夕食・・・調理された地上、地下の野菜、魚肉類(牛肉、豚肉は避ける)
例)野菜のたくさん入った味噌汁、魚肉類

極力避けたほうがいい食品の組合せの主なもの

●炭水化物と炭水化物
「デンプンの多い食品を一度に何種類も食べてはならない。なぜなら体内に過剰な酸性状態をもたらすからである」(416-8)
例)ラーメンとご飯、うどんといなり寿司★もともと、これらの食事は単品でも駄目です・・・・。

●炭水化物と肉類
「タンパク質または肉と大量のデンプンを一緒に食べてはならない。なぜなら、消化器系の消化液は、デンプンにはある反応を必要とし、タンパク質にはまた別の反応を必要とする。さらに、この種のデンプンを組み合わせたタンパク質にはまた別の反応を必要とする。従って、組合せとして、大量のデンプン質をタンパク質や肉と一緒に食べてはならない」(416-8)
例)肉じゃが、牛丼などのドンブリもの、ハンバーガー、など

●ミルク入りコーヒー&紅茶
「消化作用に困難をきたすので、コーヒーや紅茶にはミルクを入れて飲んではならない」(5097-1)

●かんきつ類と炭水化物
「かんきつ類は、それだけで食べれた消化を助けるが、穀類と一緒に食べた場合には、胃の酸性状態を有害なものに変えてしまう」(481-1)
例)パンとオレンジジュース、ご飯の後のミカン、など


エドガー・ケイシーの基本的な健康哲学はこちら
乾癬、アトピーなどスキントラブルがある方への食事のアドバイスはこちら

ウツのための食事はこちら(奥沢通信へ)

ページトップへ




家庭
メニュー
スペシャル