エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎 │ 家庭と結婚についてのケイシーリーディング


エドガーケイシー学園エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎



家庭と結婚についてのケイシーリーディング

家庭についてのケイシーリーディング



「そもそも結婚とは何なのか? 一人の男と女が神自身によって設定された1つの理想に向かって努力すること。2つの霊魂が希望、怖れ、願望、期待において1つであることを形にあらわすこと。それが結婚である」2072-1


「それが一人の人を伴侶として選択するということである。何のために? 彼らはそのような伴侶として適しているがゆえにである。そして両者は日々、より1 つとなり、1つのものとしてお互いに相補うものとなり、相手のなかに、二人の必要に応えるものを見いだしていく。
・・・二人は、お互いに補完しあうものとなれ。ほぞとほぞ穴、花の上の露、霧のなかの虹、夜の闇のなかの声のように」2072-15


「全ての面において、美が表現されているような家庭、芸術的な家庭をつくるということは、個々のどんな魂においても偉大な仕事である。これは人間の物質への世界への登場という体験の中に現されているものを、よりよく表現するものなのである」2571-1


「家庭にはどんな音楽があるのか? すでに指摘されたようい、それは天国の家庭をうつしたひな形である。そしてこれらの体験は、調和のとれた体験にされ、結びつきとなり、ある者と、他のものが一緒い営む活動のなかに宇宙の音楽をもたらす。
そして、それは地球上における人間の行動のなかに、もっとも高貴なもののなかにおいて、結び合わされるものとならなければならない。そして、それが家庭だ!」480-20


「あなたの家庭、あなたの住むところを、天使もそこを訪ねて、そこの客になろうと思うくらいの場所にしなさい」480-20

ページトップへ




家庭
メニュー
スペシャル