エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎 │ 食品に関するケイシーリーディング


エドガーケイシー学園エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎



食品に関するケイシーリーディング

食品に関するケイシーリーディング



私たちは、肉体的にも精神的にも、自分たちが食べ、そして考えたものにより、構成されている
(288-38)



オレンジジュース
・・・オレンジジュースを飲むときには、ライムかレモンの果汁を加えなさい。オレンジジュース4に対し、ライムやレモン1の割合。(3823-2)

・・・もしあなたが、オレンジジュースにはライムの果汁を、グレープフルーツジュースにはレモンの果汁を少量加えるなら、そのほうが遙かによい。多すぎな いよう、少量加えればよい。そうすれば、遙かによい飲み物になるし、身体にもずっとよい影響を与えることができる。というのも、すでに知っているとおり、 これらのジュース類の多くは合成物だからである。(3325-1)


牡蛎
・・・牡蛎は絶対にウイスキーと一緒に食べてはならない。胃に有害なある化学反応を起こしてしまう。(2583-1)


カルシウム
・・・身体にカルシウムを供給してくれる食物をたくさん食べなさい。カルシウムが特に多いのは、生の人参、調理したカブやカブの若葉、あらゆるサラダ類特にオランダガラシ、カラシナのサラダであるが、とにかくすべて生で食べることだ。(1968-6)

・・・鶏やガチョウ、アヒル、七面鳥など鳥の肉を食べるときには、骨の部分をよく噛んで食べるか、その出汁を飲むことだ。(808-15)


コーヒーや紅茶

・・・コーヒーや紅茶には、牛乳やクリームを入れて飲んではならない。消化作用に困難をもたらすからである。(5097-1)


ジャガイモ

・・・ジャガイモの皮には、身体の腺に影響をあたえる、様々な作用があり、身体を丈夫にする(820ー2)



・・・卵は、週に2、3回とってよい。調理法も揚げ物(訳注:高温の油で調理したもの)以外であればどんな方法でもよい。(257-15)


鉄分
・・・鉄分は、(サプリメントの形で取るよりは)食べ物に含まれる成分として摂取するようにせよ。植物の影響力からとるほうが、身体には同化しやすい。(1187-9)


肉類
・・・消化の悪い肉を余り食べないように。あらゆる野菜をたくさん食べなさい。肉を食べるなら、魚や鶏肉、ラムにするほうがよく、他の肉はあまり頻繁に食べないように。カリカリに焼いた朝食用のベーコンであれば、時々はよい。(1710-3)

・・・ある種の肉は、この者の身体を形成する影響力に欠かせないものである。現時点では全面的に控えることはすべきではない。肉を控えるよりむしろ、肉の 持つ影響力や機能を浄化し、精神的意義を与えるほうがよい。なぜなら、主イエスが言い給うたごとく、人間の霊的身体を汚すものは、(口に)入れるものでは なく、(口から)出るものだからである。(295-6)


人参
 ・・・人参の葉に近い部分は、「腎臓と目を結ぶ視覚系の反応を刺激する活力」を含んでいる。

・・・人参は、調理したものでも、生のものでも大量に食べることだ。レタスを大量に食べ、トマトはほどよく。生のキャベツも時々は食べなさい。ジャガイモ はあまり食べずに、皮のほうがいい。タマネギは生でも調理したものでも大量に食べるべきだ。エンドウやインゲンなどの豆野菜もたくさん食べなさ い。(480-47)


豚肉
・・・どんな種類の肉も避けるべきだ。特に豚肉は。少量の魚や鶏肉などはよい。(2392-1)

・・・豚肉が、身体の機能にもたらすカスによりポリープが生じ、それが体内で身体の各部の筋肉や神経の結晶化を引き起こす。これらの痛みは、激痛やリューマチ、神経炎の形で始まる。これが豚肉を食べることの結果となる。(294-41)


野菜
・・・もっとたくさんの野菜を食べるようにせよ。葉っぱもののほうが、乾燥させたインゲン、エンドウなどの豆野菜よりも望ましい。(1657-1)


レタス
・・・ほとんどの人は、常にレタスを大量に食べるべきである。というのも、レタスを食べることで、血の流れそのものの中に、ある種の磁気素(訳注:他の食 べ物を吸い付ける性質だと思われる)ができる。そしてその磁気素が、血流を攻撃するほとんどの影響力を破壊する力を持っているのだ。だから、レタスは浄化 力を持っているといえる」404-6

・・・ 昼食は、できれば、全て緑の野菜からなる食事がいい。緑の野菜というのは、レタスやレタスのようなもの。そして、その他、同じ食事で食べるべきものは、レ タス以外では、全身を浄化する効果をもたらすものがよい。夕食は、よく調理された野菜が望ましい。しかし地下で育った野菜1に対して、葉っぱものか豆類な ど、地上で育った野菜2の割合でとること。(757-3)


ケイシーの勧める日々の食事についてはこちら



ページトップへ




家庭
メニュー
スペシャル