エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎 │ 洗腸についてのケイシーリーディング


エドガーケイシー学園エドガー・ケイシーと学ぶ 魂の学舎



洗腸についてのケイシーリーディング

洗腸のススメ



ケイシーが述べた洗腸についてのリーディング

「体内を浄化する方法として、食事の中にイチジクやダイオウのようなものを加え、時々、洗腸をすること以上に優れた方法はない。水治療法と運動をすること で、身体のコンディションは良くなるハズだ。これはこの人にとって、いや、誰にとっても望ましい」4003-1


「身体をアルカリ性に保つなら、排泄によるバランスもよくなる。しかしながら、口をすすぐ必要があるように、また手を洗う必要があるように、結腸もキレイ にする必要がある。これは正常なバランスを保つ必要のある時に浣腸をすることで達成できるし、それによって、肉体の通常の機能としては適応できない過剰物 を生じさせるような毒力の蓄積を抑えることになる。

しかし、毎日、消化管から排泄があるように心がけよ。浣腸や洗腸などは、体温と同じ温度でなされるべきであり、その溶液には必ず含塩物もしくは塩を溶かさ なければならない。それには1.5クオート(約1.5リットル)の水に小さじ1杯の塩を加え、場合によっては、さらに重曹を小さじスリキリ1杯を加えても よい。この溶液なら、炎症を生じることはないだろうし、自然な排泄力を損なうこともないだろう。

むしろ、このような洗浄水を使うことで、消化管の壁が強く健康になり、十二指腸から消化管全体にわたってバランスの取れた運動を生みだすことになる」 1276-1


Q「洗腸をしたほうがいいでしょうか?」
A「必要ならばそうだ。風呂に入って身体を洗うように、誰でも時々は、体内の入浴をすべきなのだ。そうすれば、人はもっと健康になる」 440-2


洗腸の頻度についての質問に対し...

「これは、どれほど洗腸を必要とするかによる。洗腸は治療の補助として行われるべきものである。消化管内部の排泄が十分でないとき、そのときには、大腸を 浄化するために洗腸をするとよい。これが1週間に1度でいいのか、2度必要なのか。あるいは、1ヶ月に1度でいいのか、半年に1度でいいのか、それはその 人が日頃、身体をどのように扱っているかによる」 303-34

                     以上参考文献「インナービューティ革命



ケイシー流の洗腸の方法

ページトップへ




健康学
メニュー
スペシャル